ポケモンGO(PokemonGO)最適スマホを探る – ASUS ZenFone Max Pro M1(ZB602KL)

ポケモンGoする上で問題点発生(2018/02/04時点)

本体画面の下部にナビゲーションバーが表示されていて、一番右のボタンがマルチタスクボタン、つまりアプリの切り替えなどを行うボタン。
例えば、ブラウザを起動し、その後ポケGoを起動したとする。ポケGoを起動した後、このマルチタスクボタンを押して、ブラウザに切り替えるとブラウザの中身がなぜか再読み込みされる。そして、ポケGoに切り替えた時、なんとポケGoが再起動される(アプリの再起動が起こる)
ナビゲーションバーの真ん中のホームボタンをおして、ポケGoのアイコンをタップしたときも、この現象が起こる。
つまり、マルチタスクになっていない!ん・・・明らかにバグだと思うのですが、、、。
現在ASUAサポートに問い合わせています!

私が思うポケモンGoする上で重要視するポイント

  • バッテリー容量
  • GPS性能(外では無論問題ないが、屋内でもGPSエラーにならないかが需要。カフェや自宅などで交換とがが出来ないとつらい。)
  • レイド開始時などのパフォーマンス(レイドに突入したときには、すでに10秒経過している場合も多くなんとかしたい)

ASUS ZenFone Max Pro M1(ZB602KL)の使い勝手

バッテリー性能

結果:5,000mAhあるので、問題なくクリア!

GPS性能

GPS:GPS(GLONASS、BeiDouサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー
検証
アプリ:GPS Test (Android) & 実際に利用して検証

結果:これまで自宅でGPSエラーになっていましたが、本機種ではGPSエラーが解除。
ただし窓際の方がGPSを良く拾うが、家の中心(4階建てマンションの1階)だと、GPSエラーになってしまうことも。
街中のカフェや、ショッピングセンターの中でも問題なくGPSを拾ってくれるので、ポケ活がだいぶ快適になりました。
もちろん地下鉄や、建物の構造・環境によってはGPSが取得できないこともあります。

パフォーマンス

結果:レイド開始時のタイムロスが少なくなりました。これまでは10秒経過してレイドに参加するような状況でしたが、5秒ぐらいのロスで参加できるように。
このロスはポケGOの仕様に近く、どの機種でもある程度のロスはありそうです。

その他

結果:ディスク容量が32GBしかないが、写真などはスロットにいれたMicroSDに保存すればよいので問題なし

基本スペック

サイズ 幅:約76mm × 高さ:約159mm × 厚さ:約8.4mm
ディスプレイサイズ 6インチワイド
IPS液晶 (LEDバックライト)
重量 約180g
SIMサイズ nanoSIM × 2
電池容量 5,000mAh
OS Android™ 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 636
内蔵メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD(最大2TB)
カメラ(メイン/サブ) メインカメラ:1,600万画素 + 500万画素
インカメラ:800万画素

通信規格

対応周波数 FDD-LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE:B38/39/41
W-CDMA:B1/2/3/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n