簡単!WordPressサイトの引越し方法の解説

WEBサイトを持っておくと何かとやってくるサ設置ーバーの移転。
今回は使い勝手とパフォーマンス向上が理由だが、同時にWEBサイトやメール情報の移動も伴う。
WEBサイトに移動は、確実に簡単にやりたい。そこで今回は下記の条件で、Wordpress構築サイトの移転を実施。その方法をまとめてみた。

  • 移転元と移転先でのドメイン(独自ドメイン)は同じ
  • 移転元:iクラスタ(GMOクラウド)
  • 移転先:エックスサーバー
  • ドメイン管理:お名前.com
  • サイトは稼働中
  • phpMyAdmin などDB管理ツールが無くても大丈夫
  • FTPソフトでデータをダウンロード、アップロードしなくても大丈夫

プラグインでWordpressサイトを引っ越そう!

引越しプラグイン『Duplicator』が一番最初の候補に挙がったが、iクラスタでは、Zip Archive Enabled が Failed になってしまうので、プラグイン動作環境が厳しいという理由で却下。そこで第2候補の『All-in-One WP Migration』を使った。

All-in-One WP Migrationで、簡単で確実な引越し!

データ容量の多いサイトを引っ越す場合は、一部課金が必要になるかもしれないが、たいていのサイトは、All-in-One WP Migrationプラグインで大丈夫なのではないだろうか。移転元にて、All-in-One WP Migrationでサイトをエクスポート、移転先にて、All-in-One WP Migrationでエクスポートデータをインポートという流れで非常にシンプル。
ただし、現状可動しているサイトの場合、必要最低限の停止時間(DNS切り替えに伴う)で作業を完結したいので、今回行った手順をまとめておく。

All-in-One WP Migrationによる、Wordperssサイト移行手順

 

1.移転元でWordpressにログイン

  • WordPress、プラグインバージョンを最新のものにアップデート(一応)
  • プラグインの追加で、「All-in-One WP Migration」をインストールし有効化

2.All-in-One WP Migrationで、サイトデータをエクスポート

  • WordPress管理画面左メニューに「All-in-One WP Migration」が追加されているので、「EXPORT TO」 → 「FILE」 を選択
  • サイトデータのまとめが始まる

  • データがまとまると、ダウンロードできる画面が表示される

  •  「緑の枠のボタン」をクリックして、エクスポートデータをダウンロードする

※ダウンロードされるファイルは、拡張子が「wpress」となっている
※ダウンロードエラーになる場合もある。その時は、FTPソフトで、wp-content  の ai1wm-backups フォルダからファイルをダウンロード

ひとまず移転元サイトでの作業完了 ----

  • 移転先で、Wordpress用のDBを作成
  • 移転先で、Worspressをインストール
  • 移転先で、メアド、メーリングリストなど、運用されているユーザー情報を作っておく
  • 作業PCのhosts ファイルを編集し、確認用URLをIPアドレスを紐づけ
  • 移転先の、Worspress にログイン
  • プラグインをインストール
  • データをインポート
  • ドメインをたたき、きちんとサイトが移行されているか確認
  • hosts ファイルをもとにもどす
  • お名前.com にて、DNSの切り替え
  • WordPressにログインして、サイトアドレスの変更
  • エックスサーバーでSSLを設定
  • エックスサーバーで、PHPを7.1に切替

以上