Webサイトの画像保護(WordPressサイトの場合)

・Wordpressの場合、Upload フォルダに画像をアップロードしてサイト利用することが多いので、そのUploadフォルダ内の画像を保護する
・または、構築したサイトに利用している画像データを保護するという観点でまとめる
なお、保護とは画像をダウンロードできない、もしくはダウンロードしにくくすることを目的とする

プラグインを使い、uploadsフォルダの画像を保護する

Image Watermark

画像をアップロードする時に、自動的に画像ファイルにwatermarkを挿入するプラグインです。
二度、三度と編集の手間をかけたくない方におすすめ。既にアップロードしてしまった画像にも一括加工できるようなので、持ち出しされたくない方におすすめ。

Content Copy Protection & Prevent Image Save

オーソドックスな右クリック禁止のプラグイン。画像ファイルにだけプロテクションをかけることも可能なので、使い分けしたい方におすすめ。

protect uploads

htaccess、もしくはindex.php(uploads ルート)に転送コードを書き加え、uploads内の画像ファイルなどにアクセスしようとすると、403エラー(Forbidden Access)で返すプラグインです。
たとえばGoogleの画像検索で、あなたのuploads内の画像ファイルが検索結果に表示され、それに直接アクセスを試みても403エラーになる仕組みです。
ただ、二年前から更新されてないので、今後も同様の効果が得られるかは「?」です。